サンチャゴ要塞の兵士たち その4

e0146570_20174113.jpg
太平洋戦争末期、、日本軍占領下のマニラを奪還すべく米軍が突入、1ヶ月に渡り激しいマニラ市街戦が繰り広げられ、この戦闘により亡くなったマニラ市民は10万人といわれるそうです。(日本軍戦死者・・・約1万2千人、米軍戦死者・・・1,020人 wikipediaより。)ここイントラムロス地区も砲撃によって丸裸に破壊され、いまある建物はほとんどが戦後再建されたものだそうです。

犠牲となった人びとやその遺族、そして殺人者とならざるを得なかった人びとの思いやその恐怖の日々を、いま想像することはすごく難しいです。ただ、それがほんとうに63年前にここでも起こったことなのだということを・・・少なくとも、覚えていたいと思います。

太平洋戦争によるフィリピン人全体の犠牲者数は約100万人、またフィリピン戦で亡くなった日本人は約50万人ともいわれるそうです。日本の太平洋戦争の犠牲者数は民間人を除き230万人とのことなので、およそ5人に1人はフィリピンで亡くなったということ・・・ただただ、その数字の「重さ」に圧倒されます。

あしたは、終戦の日。
(Fort Santiago, Intramuros, City of Manila)
[PR]
←menuへ