the Black Nazarene, going home/ブラック・ナザレ、キアポ教会に帰る

e0146570_1218719.jpg
e0146570_12174537.jpg↑ブラック・ナザレ像がまつられているキアポ教会。

結局遠くから少ししか見られなかったブラック・ナザレに不満なわたしは、最後にキアポ教会に戻るところを見届けようと決めました。予定では午後3時ごろときいていたので、まあ、フィリピノタイムで5時、遅くとも6時くらいかな?と予想しました。
キアポ教会まえの小さな通りはさすがに危険だろうと、幅広なケソン通りであっちにうろうろ、こっちにうろうろ。
←そしてたぶんわたしと同じことを考えている人びとも、あっちにうろうろ、こっちにうろうろ、大混雑です。
(Quezon Blvd., Quiapo, City of Manila)


結局、4時になり5時になり6時になっても、ブラック・ナザレは帰ってこない。
「まだかな?」「もうすぐでしょ?」「あと20分くらいらしいよ」「いやまだまだやろ~?」と誰も真実を知る人はいない。みんなで道路に座り込んでイカを食べたり、ジュースを飲んだりしながらただひたすら待つ。そんななかでも男の子が自分のビーチサンダルを差し出してここに座りな、と言ってくれたり、女の子がケータイはおへその下のパンツの中に入れるのがいちばんよ!とおしえてくれたり、おじさんが、そのカバンの持ち方はイカン!と言ってくれたりする。
そして、いつのまにかみんなといっしょに教会のまえのいちばん混雑しているところに移動しているわたし。e0146570_184657.jpge0146570_1318614.jpg
夜になってしまいました。

7時、夫から電話がかかってくる。
「今どこ?」「キアポ」「何考えてんねん?夜はあぶないやろ」「・・・・・でもブラック・ナザレが帰ってこない」「オレの夕めしは?」「夕めしは、毎日あるけど、ブラック・ナザレは年に1回しかない」「プツッ!!ツーッツーッツー」

結局、花火とともにブラック・ナザレが帰ってきたのは夜9時15分ごろのことだったのです。朝8時~9時ごろキリノ・グランドスタンドを出発してから12~13時間、なんでも史上最長記録のパレードだったらしいです・・・。

あまりの混雑と疲労とそして暗闇に、写真などどうでもよくなっていたわたしに、みんなが「今だよ!写真を撮らないのか?」と言ってくれる。もうカメラを取り出すのもめんどくさいと思ってるわたしは、「でも今撮ってもタオルしか写らないし・・・」と言い訳をする。すると信じられないことにいちばん世話焼きのおじさんが、わたしの前方にいる人たちに、「いまこの人が写真を撮るから、タオルをふるのをやめろ~!」と大声で言ってくれる。そしてほんとうに何人かの人がわたしを見てニコニコしてタオルをふるのをやめる。
涙が出そうになりながら撮った1枚です。↑
(Quiapo Church, Quiapo, City of Manila)
[PR]
by banana-Q | 2009-01-16 13:01 | Fiesta/祭
←menuへ