≪ビガンのおいしいもの・その2≫ Vigan Bibingka/北のビビンカは、もちもちだった。

メナ・クリソロゴ通りの入り口あたりに小さなビビンカ屋さんがありました。なんだかお客さんが次々にやって来ては何箱も買って行くのです。
e0146570_101989.jpg
e0146570_1062469.jpg
ビビンカとは、"フィリピンのホットケーキ"などとよく紹介される蒸しケーキっぽいお菓子ですが、北方ののビビンカはずいぶん違うものだとは、これをひと口食べるまで知りませんでした。
それは、まさしくモチ米菓子、モチモチのおいしさなのです。食感はむしろキャッサバケーキに近いです。
マニラで食べるビビンカは塩たまごとかチーズが入ってるけど、このビビンカはシンプルで何にも入ってません。
すみからすみまでモチモチ♪モチモチ♪でおしまいなのでした。
とにかくすんごいおいしくて、ほんの1時間くらい前に食べたホテルの朝ご飯が"うへっ"て感じだっただけに、一気にふたつみっつ、食べてしまいました。
ばら売りはなくていちばん小さい箱で8個入、70ペソ-約140円でした。(?10個入りだったかも)
("Tongson's Royal Bibingka", Plaza Bourgos near M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)

追記:Tongson's Royal Bibingka Manila Branch
#40 Bulacan St., Quezon City (in front of SM City)
*↑って箱に書いてあるのですが、ほんとにあるのかどうか未確認です。
[PR]
←menuへ