カテゴリ:Food/食べ物( 18 )

e0146570_132143.jpg
(Pasay city)
まにまにまにまに…とお経みたいのが聞こえてきたら、近くにマニ屋さんがいます。
ガーリックと塩味のきいたピーナツ。
エドサ通りのバスに乗ると、ホカホカのマニを詰めたバケツを手に売り子のお兄さんが乗り込んできて、まにまにまにまに・・・と歌う。
5ペソか10ペソか選んで、小さなわら半紙の袋に詰めてもらう。ちゃんと5ペソ用のと10ペソ用の大きさのわら半紙の袋がそれぞれ用意されている。
食べ終わると、油のしみだらけになったわら半紙の袋だけが手に残る。
何となく袋のしわを伸ばしながらそれを眺めていると、背中をまるめてこの小さな袋をひたすら作り続けている人がどこかにいるのかなと思う。

ショッピング・モールの中でも、ガラスケースでかしこまって売られているのを買ったことがある。そのときはよく覚えていないけどやっぱり紙の袋に入れてくれたんだっけ。
でも、バスの中でまにまにまにまに・・・と売られ、エドサ通りの排気ガスにまみれて黒ずんだ手から受け取ったわら半紙の袋入りマニのほうが、おいしかったような気がするから不思議です。
[PR]
e0146570_0383426.jpg

[PR]
e0146570_20141432.jpg
バナナ天国フィリピンでは、バナナはバナナでもいろんなバナナがあってそれぞれ呼び名があります。
バナナQの材料でもある調理用バナナのサバ、ラカタン、ラトゥンダン、それにかわいいセニョリータ。ほかにもいろいろあるみたい。ほかの国でも、いろいろ呼び名があるのかな?
日本で売ってるフィリピンバナナは、フィリピンではあまり見かけなかったし、名前もわかりません。(なぜか中華街でよく売っていました。)
一般に、フィリピンでいちばんよく食されているのはラカタンとラトゥンダンのようです。とくにラカタンは、味が濃厚で甘酸っぱく、これこそほんまのバナナや!という味がします。

つづき
[PR]
e0146570_2081165.jpg
(Somewhere in Makati City)
わたしが初めて食べたグリーン・マンゴーはインディアン・マンゴーでした。↑写真で小さくてよく見えないけど、ふつうのグリーン・マンゴーより小ぶりでごつっとした感じがします。遊びに行ったおうちの方が、近所の木からもぎたてをどっさりスライスしてお皿に盛ってくれました。

つづき
[PR]
e0146570_1936126.jpg
(Onyx St. San Andres, City of Manila)
フィリピンの人びとは、「バロット」と呼ばれる"ひよこたまご"を食べます。"ひよこたまご"とは、わたしが名付けたのですが、孵化しかけたあひるのたまご(あひるのたまごだから、"ひよこ"っていうのはおかしいんだけど・・・まあいいや)をゆでたもので、フィリピンの他にベトナムや中国で好んで食されるようです。そしてわたしが"ひよこたまご"を初めて食べたのはフィリピンではなく、以前に旅したベトナムでのことでした。

つづき
[PR]
フィリピン屋台フードの代表格にフィッシュ・ボールというのがあります。つまりは魚だんご・・・魚揚げだんごです。ほんとにちゃんと魚が入ってるのか知らないけど、味はかまぼこの薄味のようで、揚げたてをチリソースみたいのをつけて食べます。
あちらこちらの道端で売られていて、老若男女問わず非常にポピュラーなおやつです。
e0146570_8413799.jpg


つづき
[PR]
e0146570_918240.jpg
(Somewhere in Binondo, City of Manila)
こんなウソみたいなおすし、スーパーなんかでもよく見かけました。
(写真のは、中華街の市場に並んでいました。)
[PR]
e0146570_17463625.jpg
ピニャってタガログ語だと思いこんでいて、かわいいなあ~と思ってたんですが、スペイン語なのだと最近やっと知りました。
ピニャ・コラーダのピニャはパイナップルのことだったんですね。大好きな飲み物なのに、まったく結びつきませんでした。
うちの運転手"J"は、ピニャはタガログ語だって言い張ってるんですけど・・・
???
でも、ということは、タガログ語で「パイナップル」を意味する単語が存在しないということでしょうか?でもパイナップルはスペイン人が来るまえからある果物に違いないのに・・・なんでスペイン語???
[PR]
e0146570_1324119.jpg
バナナQのライバル、カモテQくんです。カモテはこっちのさつまいものことで、これに黒ゴマをかければ大学イモ?
[PR]
お兄ちゃんに揚げてもらうのをお待ちかねのトゥロンちゃん。→ → → 揚がり~!!e0146570_2318562.jpge0146570_23191947.jpg
バナナQと同じ種類のバナナ(サバという)をスライスして春巻の皮に包み、揚げるとき砂糖をからめてあります。たいていのお店ではバナナの他にランカ(ジャックフルーツ)もちょこっと入ってます。バナナQもそうなのですが、揚げたあとで砂糖をからめるのでなく、揚がるころに油の中に直接砂糖を投入すると、自然に砂糖が春巻の皮にくっつきます。・・・と教わり、家でつくってみたのですが、投入のタイミングをまちがえたのか砂糖がぜんぜんうまくくっつかず、くっついたと思ったら焦げこげになって大失敗。こりずにもう一度トライしたときは、なかなかの出来でした。でも、めんどくさいのでもう二度とつくりたくないです。

わたしにとってトゥロンは、バナナQほどインパクトはなかったけれど、じつを言うとバナナQよりもトゥロンのほうが好きなのです。ただ、一時期ほぼ毎日トゥロンを食べていて気持ち悪くなってしまい、最近はあまり頻繁には食べなくなりました。
[PR]
←menuへ