「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Intramuros/イントラムロス ( 14 )

e0146570_21284983.jpg
(Casa Manila, Intramuros, City of Manila)
[PR]
サンチャゴ要塞の後ろのほうに立っているホセ・リサール像
Before (今年の6月ごろに撮ったもの)     →          After (先日撮ったもの) 
e0146570_8325832.jpge0146570_8331997.jpg
まえも塗ってあったのがはげていただけだったのでしょうか?
(Fort Santiago, Intramuros, City of Manila)
[PR]
日本から来ていた家族を連れてイントラムロス(スペイン統治時代の城壁に囲まれた都市跡)に行きました。あまりに暑くて写真はほとんど撮れませんでした。
美しいサン・オーガスティン教会が改装中らしく、全体がビニールシートに覆われて何も見えないうえにマニラ大聖堂も一部工事していてがっかりでした。
サン・オーガスティン教会、まえの姿が損なわれないことをただただ願います。まだ一眼レフで撮ったことないので・・・

サンチャゴ要塞の入場料が75ペソに値上がりしていました。(まえは、45ペソだったか、50ペソだったか)
e0146570_8544193.jpg
e0146570_8551047.jpge0146570_14465812.jpg                                                                                                                                                                                                                                           
















←後ろに写っている塀は、以前上のように草花に覆われてきれいだったのに、切り払われてしまっていました。
入場料値上げしたからそうじしたんでしょうか。またもっときれいな花を植えていればいいな。







(Fort Santiago, Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_12403219.jpg
撮影に手間取るわたしをじーっとポーズとって待っててくれた優しいおじいちゃん。
(Cabildo St., Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_1453450.jpg
きょうのマニラはひさしぶりにいいお天気でした。こんなに青い空ではありませんでしたが。
(写真は、6月の空)
(Murala St., Intramuros, CIty of Manila)
[PR]
e0146570_19251588.jpg
e0146570_19232284.jpg
カーサ・マニラって聞いたことあるけどどこにあるんだろう・・・と思っているまま1年が過ぎて、先先週初めて行きました。お客が来ると必ずつれていくサン・オーガスティン教会の目の前にあるのにずーっと気付きませんでした。ちゃんと地球の歩き方にのってるやん・・・。T枝ちゃん、A子ちゃん、広島のお父さんお母さん、つれて行きそびれてごめんなさい。
(Casa Manila, Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_7522987.jpg
(Casa Manila, Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_8483568.jpge0146570_8485595.jpg
e0146570_9411532.jpg
スペイン統治時代のスペイン人上流階級の贅をつくした暮らしを再現した"カーサ・マニラ"(イントラムロス内)の中庭。敷き詰められた石畳やガス灯が独特の雰囲気ですが、すべて戦後再建されたものなんだそうです。
結婚式や誕生日などのパーティ会場としてフィリピン人に人気だそうで、この日も女の子の誕生会が開かれているようでした。
(Casa Manila, Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_20174113.jpg
太平洋戦争末期、、日本軍占領下のマニラを奪還すべく米軍が突入、1ヶ月に渡り激しいマニラ市街戦が繰り広げられ、この戦闘により亡くなったマニラ市民は10万人といわれるそうです。(日本軍戦死者・・・約1万2千人、米軍戦死者・・・1,020人 wikipediaより。)ここイントラムロス地区も砲撃によって丸裸に破壊され、いまある建物はほとんどが戦後再建されたものだそうです。

犠牲となった人びとやその遺族、そして殺人者とならざるを得なかった人びとの思いやその恐怖の日々を、いま想像することはすごく難しいです。ただ、それがほんとうに63年前にここでも起こったことなのだということを・・・少なくとも、覚えていたいと思います。

太平洋戦争によるフィリピン人全体の犠牲者数は約100万人、またフィリピン戦で亡くなった日本人は約50万人ともいわれるそうです。日本の太平洋戦争の犠牲者数は民間人を除き230万人とのことなので、およそ5人に1人はフィリピンで亡くなったということ・・・ただただ、その数字の「重さ」に圧倒されます。

あしたは、終戦の日。
(Fort Santiago, Intramuros, City of Manila)
[PR]
e0146570_21414737.jpg
現在では観光スポットとして公園のように整備されているこのサンチャゴ要塞は、もともとスペイン統治時代・16世紀につくられたそうですが、第二次大戦中の日本占領時代には、日本軍が憲兵隊本部や捕虜収容所として使用していたとのことです。
多数のフィリピン人・米国人捕虜が拷問の末、死に追いやられたという地下牢の跡もあります。

わたしの祖父母の世代の日本人がこの地にやってきてこの場所を拠点に米軍と戦い、多くのフィリピン人を殺し、そして自らも多数死んでいったのは、たった60数年前のことなのだと思うと、信じられない気持ちになります。
(Fort Santiago, Intramuros, City of Manila)
[PR]
←menuへ