カテゴリ:Vigan/ビガン( 17 )

e0146570_1142112.jpg
e0146570_112556.jpg
e0146570_1115164.jpg
e0146570_1121470.jpg
(M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
ビガンの写真はこれでおしまいです。
[PR]
e0146570_2053517.jpg
(Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
e0146570_2048387.jpg
(M. Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
(カレッサ以外の写真もありました。・・・これ、とってもゆがんでますけど!)
[PR]
e0146570_20341563.jpg
(Vigan City, Ilocos Sur)
きょうは、ビガンの写真の残っているのをちょっと載せまーす。
と言っても、ビガンで撮った写真のほとんどが、カレッサ(馬車)のおしりばっかりなのでした。
[PR]
e0146570_20121094.jpg
e0146570_2001057.jpge0146570_2014138.jpg
e0146570_2010535.jpge0146570_20341891.jpg
e0146570_2115746.jpg
(M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
e0146570_205357.jpg
e0146570_19491219.jpge0146570_2023299.jpg
e0146570_20183095.jpge0146570_19523126.jpg
e0146570_20555980.jpg
(M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
e0146570_19155015.jpg
e0146570_1916389.jpg
(M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
e0146570_22433182.jpg
e0146570_22441624.jpg
竹の中にうっすらピンク色のもち米ごはんが入っています。竹を半分に割ってもらってスプーンなどですくって食べます。
うっすらした色のとおりうっすらと甘くて、でもお菓子と呼ぶほどに甘くはなく、あっさり、素朴な味わいでした。
竹のクチをふさいでいるセロハンの色が売り子によって違うのもかわいいです。
(1本25ペソ-約50円。)
(M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
メナ・クリソロゴ通りの入り口あたりに小さなビビンカ屋さんがありました。なんだかお客さんが次々にやって来ては何箱も買って行くのです。
e0146570_101989.jpg
e0146570_1062469.jpg
ビビンカとは、"フィリピンのホットケーキ"などとよく紹介される蒸しケーキっぽいお菓子ですが、北方ののビビンカはずいぶん違うものだとは、これをひと口食べるまで知りませんでした。
それは、まさしくモチ米菓子、モチモチのおいしさなのです。食感はむしろキャッサバケーキに近いです。
マニラで食べるビビンカは塩たまごとかチーズが入ってるけど、このビビンカはシンプルで何にも入ってません。
すみからすみまでモチモチ♪モチモチ♪でおしまいなのでした。
とにかくすんごいおいしくて、ほんの1時間くらい前に食べたホテルの朝ご飯が"うへっ"て感じだっただけに、一気にふたつみっつ、食べてしまいました。
ばら売りはなくていちばん小さい箱で8個入、70ペソ-約140円でした。(?10個入りだったかも)
("Tongson's Royal Bibingka", Plaza Bourgos near M.Crisologo St., Vigan City, Ilocos Sur)

追記:Tongson's Royal Bibingka Manila Branch
#40 Bulacan St., Quezon City (in front of SM City)
*↑って箱に書いてあるのですが、ほんとにあるのかどうか未確認です。
[PR]
ビガンといえばエンパナーダ。とおしえてくれたのはうちの運転手"J"でした。
まえ~にちょうどそんな話をしていたころ、ケソンのカティプナン通りで"イロコス・エンパナーダ"というお店を見つけ(ビガン市は、南イロコス州の州都なのです)、真オレンジ色で巨大で不気味なそれを買ってみたけど、3分の1くらい食べて"うげげげっ"という味だったので残りは"J"に食べてもらったという経験が。("J"は卵アレルギーのくせに1と3分の2個をすごい勢いでたいらげていた。)

その思い出があるのであまり気がすすまなかったけど、ビガンに来たからにはとエンパナーダ屋台へ行きました。
e0146570_122135.jpg
???ぜんぜん、まえに食べた"イロコス・エンパナーダ"とちがって色も自然だしめっちゃおいし~い!
大きめの揚げギョーザという感じ、しかも玉ねぎ入りのお酢ダレでさっぱり。おなかがへってたら、サンミゲルをお供に10個くらいはいけそうです。e0146570_20385148.jpge0146570_2039798.jpg
作り方は、タネをめん棒でのばして具(卵、キャベツ、パパイヤ、ロンガニサ(ソーセージ)などが入っているそうです)(でも食べてるときキャベツと卵しか感じませんでした)をつつみ、↑写真のお姉さんの左手にあるお皿で"くるりん"と半月形に切り取っていました。

このあと訪ねた北イロコスのバタックというところで食べたエンパナーダは、やっぱり色がどぎついオレンジ(上のお姉さんの写真に写ってるめん棒くらいの色)でビガンで食べたのほどおいしくありませんでした。ラワグでもオレンジのばかり見かけました。
ところが、偶然同じ時期にビガンを旅された友人のkamokamoteさんはわたしと同じ屋台群で食べたみたいなのに、オレンジ色だったとおしえてくれました。ビガン・エンパナーダでもいろいろな種類があったのかな・・・?
("Vigan Empanadaan", Florentino St. along Plaza Burgos, Vigan City, Ilocos Sur)
[PR]
←menuへ