「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Ride/乗り物( 22 )

e0146570_2219999.jpg
(Quiapo, City of Manila)
[PR]
e0146570_140162.jpg
e0146570_1402270.jpg
(Fort Bonifacio, Taguig City)
[PR]
e0146570_003063.jpg
(Escolta, City of Manila)
[PR]
e0146570_0382017.jpg
(Cubao, Quezon City)
[PR]
e0146570_1271921.jpg
フィリピンに来てすぐにジープニーが好きになりました。それまでタイのトゥクトゥクが好きだったけど、ジープニーに負けてしまいました。ジープニーは、トゥクトゥクのように値段交渉の必要はなく、ルートが決まっているが、ルート上であれば好きなところで乗り降りできる、庶民になくてはならない乗り合いミニバスである。

つづき
[PR]
e0146570_2155854.jpg
フィリピンの自転車タクシー、パジャック(または、ペディキャブ)。
(Somewhere in City of Manila)
[PR]
e0146570_1251418.jpg
(Somewhere in Makati City)
[PR]
e0146570_212531.jpg
(Angel Linao St., Paco, City of Manila)
[PR]
e0146570_1971070.jpg
(Sierra Madre St., Mandaluyong City)
[PR]

e0146570_13221950.jpg
(LRT line1 Carriedo Station, City of Manila)
e0146570_13251979.jpg
(LRT line1 Edsa Station, Pasay City)
LRT(Light Rail Transit)1はちょっと古めの車両が多いです。そしてMRTやLRT2に比べると客層もなんか違う感じがします。(見てておもしろい人が多い。)とくに女性専用車両じゃない車両に乗ったとき、目のぎょろついたガラの悪い男性が目につきます。
 かばんをきつく握り締め、つり革につかまり、ちょっとキンチョウして揺られていると、ポンと肩をたたかれ、びくっっっ!!と振り向くとそこにはイレズミ満載のコワモテのお兄ちゃんの満面の笑顔があり、すごくスマートに席をゆずってくれる・・・そんな経験が何度かあります。わたしの場合、月に何回乗るか乗らないかな程度なので、なかなかの高確率です。
 席には、男女ともほんの隙間であってもお尻をねじ込んで座ってきます。キツキツに体を挟まれ、両どなりのオッサン・オバハンのじとっとした体温を感じつつ、(じつは立ってるほうが快適やったりするねんけどなあ・・・)などと思いながらも、女だというだけでイレズミ男が当然のように席をゆずってくれるという自分の国ではありえない感動をかみしめるのでした。
[PR]
←menuへ