「なんで子どもいないの?」

さてそんなフィリピンの人たちにとって、結婚しているのに子どもがいないことはもう狂気の沙汰なのである。
フィリピンにいるあいだに、何度この質問をされたかわかりません。
e0146570_19244719.jpg
(Somewhere in City of Manila)
何て答えようかと考えて黙っていると、自分で解決しようと必死になる人がいるのでおもしろい。
まずは、「結婚してどれくらいたつのか?」「新婚なのか?」と確かめようとする。
はじめのうちは、わたしは本当に、結婚して数ヶ月だったのでそう答えていた。
すると相手はすごくうれしそうに、「そうか、新婚なんや~」と安心し、めでたくその話題は終了となる。




それが「1年くらい」になると、相手の顔は曇りだす。
「1年たつのに?そらおかしいね」
本気で心配顔になり、「何でだ?何でだ?」としつこい。
そのうち、勝手な想像でいろいろな理由を並べはじめる。

「寝室は、別々なのか?」
「ハズバンドは、マヒーナ(弱い)なのか?」
「チェックアップはちゃんと行ってるのか?」
とか失礼なことを言い出す。

しまいには、
「ハズバンドは、きっと毎夜ディスコに行ってるんやね」
とか
「日本はひとりっ子政策だからねえ」
とか、わけのわからないことを言ってひとり納得しちゃったりなんかして。
ひとりっ子政策は、中国ですから!!!とか正す気にもならない。

うちの夫なんかは、めんどうなので「小学生の息子がいます」とか「女の子がふたりいる」とか答えていたそうである。
フィリピン通の日本人の方にこの話をしたら、
「ご主人の回答が正解ですよ。その場にいるみんなをハッピーにしますからね」とのこと。
わたしはバカ正直なのでこんな目にあうのだ・・・でも、おもしろかったからいいけど。

でも、わたしはガイジンだからいいとして、フィリピンの夫婦で子どもができない場合、ずーっと言われ続けてすごくつらい思いをするのではないかな?と、心配です。
[PR]
←menuへ